HOME>トピックス>活用方法はこんなにある

夢を叶えやすくなるでしょう

専門学校や大学を卒業したあと、ゲーム制作会社に入社してゲームプログラマーになろうとしている人は多いです。その場合当然面接試験を受けることになりますが、大手や有名会社の場合、入社希望者が多いので簡単には入社できません。プログラムに関連する資格を取得してから、面接を受けると、面接官に好印象を持ってもらいやすくなります。入社試験では試験の結果が100点の人と99点の人がいたら、100点の人を採用しますが、資格はこの1点の差をつくってくれることが期待できます。もちろん資格だけあっても駄目なので、学校での成績や面接の際の感じの良さなども対策をした方がいいでしょう。

方向転換をしやすくなります

専門学校や大学に入学してから、ゲームプログラマーの仕事に魅力を感じ、方向転換をしてゲーム制作会社に入社したいと考える人もいるでしょう。そんな場合に、関連する資格を取得したり自作のゲームを提出したりすることで、希望していた会社に入社できる確率がグッと上がります。

独立の際に役に立ちます

クラウドソーシングの存在やフリーランスがよいとする考えが出てきたこともあって、会社に頼らずゲームプログラマーとして働くことは十分できます。仕事を受注するときに、資格があれば、クライアントが自分のスキルを把握できるようになるので、仕事を貰いやすくなるでしょう。

広告募集中